良い物を食べてほしい生産者の想いと、
身体に良い物を食べたいという消費者の願いの実現に向けての試みです。




それは[想い]から始まり
ただ日本一美味しいりんごを作りたいという
熱い想いが2500キロほど離れた
沖縄県与那国島の天然化石珊瑚との
出逢いを実現させました。

りんごの木の周辺に細かく砕いた珊瑚の化石をまくことで、土を弱アルカリ性に保ち、生育にも大きな効果を得ている。

まず[土壌]を作り
  恵まれた環境にも決して甘えず、食べてもらう方の身体の事を考えました。
この天然化石珊瑚は、酸性土壌を中和し、作物の育成に理想的な弱アルカリ性に改善する効果もあります。
 今までは通称石灰といわれる石灰、消石灰などの不溶性カルシウムを使用していましたが、この化石珊瑚は100%天然で直接口にしても全く害はありません。
 またサンゴの持つミネラル成分が土壌中の微生物の育成を促進し、様々なりんごの発病を抑える効果もあります。

与那国島の化石サンゴとは
日本の最西端の島、沖縄県与那国島から産出された良質な化石サンゴを肥料に活用しています。化石サンゴとは、10万年前の清浄な海中に育ったサンゴが、その後の海面下によつて陸上に化石化として露出したものです。この地層から採掘された化石サンゴは年代が若く変質が顕著でなく、サンゴの原形を保った状態で保存されています。化石サンゴの主成分は炭酸カルシウムですが、その他に70余種類のミネラルが含まれています。この化石サンゴを科学的に手を加えることなく天然素材のまま土壌改良に使っています。

そして[安心]を育てた
 「カルシウムは生命の起源」と言われるように生命そのものはカルシウムなしで生きていくことはできません。
 植物も同じです。天然化石珊瑚の持つ多孔質によって土壌中の重金属イオンなどの有害物質を吸着させ土壌を改良する事に取り組みました。
 通常のサンふじの糖度は13度〜14度ですが、このりんごはそれをはるかに上回ります。

農園では八年目に向けて、良い品質を目指し
様々な試みに取り組んでいます。
例えば化石珊瑚の水溶液を吹き掛けると、葉が立ち上がります。これにより、
日当たりを確保するために葉を間引く必要もなく、より多くの栄養素が果実に運ばれます。

ついに[安全]を贈る
 マルジンサンアップルで扱っている安全な商品の中でも更に安全な化石珊瑚りんご「綾香」が4年目にしてやっと皆様にご提供できるようになりました。
 当たり前のことを当たり前に、より美味しいりんごを、より安全なりんごを味わってほしいと、生産者を限定し、生産者名や顔を紹介しての取り組みは責任と誇りの証であり、うそ偽りの無い生産者達の想いこそが安全を保障出来るものだと思います。
  この想いが詰まったこの味、どうぞこの機会に皆様の味覚でお確かめくださればと思います。


  好評発売
日本で唯一の
天然化石珊瑚で育てたりんご


甚八りんご AYAKA 「綾香」

糖度14度以上
土壌に多くのカルシウムを加える事で、通常のりんごよりも糖度が高い最高品質のりんごです。
カルシウム含有量比較
サンふじA(綾香) 普通のサンふじ
特選サンふじ 【5kg】
商品番号 0201
18玉  6,200円【200箱限定】
商品番号 0202
20玉  5,700円【500箱限定】

特選サンふじ 【10kg】
商品番号 0203
36玉  8,700円【200箱限定】
商品番号 0204
40玉  8,000円【500箱限定】
発送は12月初旬頃を予定しています。
ご注文はコチラ


「珊瑚肥料のりんご」は
甚八りんごを育ててる農園は南津軽野にあり、八甲田山系が連なる山あいの日当たりの良い斜面にあり、風通しも良く、りんご栽培に恵まれた環境のもとリンゴを栽培しております。
丹精込めて育てた
さらに、りんご作りに情熱を燃やす皆さんが一年間一つ一つに手間暇をかけ、真心を込めて作られています。どうぞ美味しい珊瑚肥料りんご「綾香」をご安心してご賞味ください。
生産者の声が聞こえます。

りんご造りに情熱を燃やす農園の皆さん
工藤 兼雄・ユキエ 岩渕 聖 小笠原 孝志 菊池 良悦 工藤 昭善 浅利 克夫
工藤 健四郎 池田 健吉 工藤 フミエ 佐々木 洋子 工藤 みちこ 三上 均